12月30日現在の活動状況

今日は、暗いうちから起きて庭の掃除をし、枯葉やらなんやらをかき集めてごみ袋に放り込み、今年最後の可燃ごみの収拾に間に合わせました。それから自分の部屋の大掃除、家じゅうの窓ふきとトイレ掃除をしてから、正月の買い出しに行って、母に感謝されました。行き遅れた四十路の娘のパワーを、両親に見せつけてやりましたよ。 

今年も押し迫ってきた! 忙しい! あれこれもやっとかなきゃと思うと、妙に張り切ってよく体が動きます。若い頃、おばちゃんらみんな元気やなと思っていたけれど、自分がその年になってみると、確かに面白いほど元気で、掃除だの買い物だのといった生きるための活動も楽しい。ビバ私、ビバおばちゃんです。

そういえば、婚活、朝活など「○○活」っていう新しい言葉がたくさんありますが、もしかして生活って「生きる活動」ということでしょうか? 生活、生きる活動、大変なことも多いけどやはり好きだなと感じます。幸せがいっぱいちりばめられていると感じます。若い頃は息するのも面倒だったのに、やっぱり年は重ねてみるものですね。

a0002_004302.jpg

さてー、前置きが長くなりました。本題はここからです。
生活ではなくて婚活、婚活の今現在の活動状況を報告します。
そういえば、活動状況を書くのちょっと久しぶりだな、前に書いたのいつだっけ…と思って確認したら、12月10日でした。なので、二十日も空いたことになります。

その間、わりと動きがありました。
ただ結局、今私の手元にはほぼ何も残っていないので、恋のから騒ぎならぬ、婚活のから騒ぎの日々でした。

申し込み0、申し込まれ1


この二十日の間に、お一方からお申込みいただきました。感謝します。
それも夏ごろに私のほうからが申し込みをして断られた方から、逆に申し込みをいただいたという、一年半婚活をして初のパターンです。

「当時は多忙で時間が取れずお断りしましたが、もしよろしかったらあらためて」、といった内容の一言メッセージ付きでした。

もちろん、がっついて、前のめりでOKしました。
思いがけず嬉しい出来事でした。「夏ごろの私ありがとう、ナイスファイト!」と思いました。

ただ。ただですよ。
こちらからOKのお返事をしたのが25日。その後、何の音沙汰もないまま、年末年始のお休み期間に入りました。

こういうかんじ、投げられた球を打ち返したのにぜんぜん戻ってこないかんじ、虚空に向かって球を打っているかんじ、前にもありました。

a0790_001216.jpg

それはあの人、のんびりさんです。
P1290078.JPG

結局のんびりさんは、お見合いの調整がつくまでに、かなり時間がかかりました。
さあ、今度の方はどうでしょう。無事に会えるでしょうか??
a1380_000282.jpg
「来年は流れが変わって福が来る。心配せずともよいぞ」

本当?ふくろうさん。どうもありがとう。
ふくろうも、私の大好きな生き物なんです。
酉年だけに、来年はたくさん登場するかも、って私の婚活とこのブログ、いつまで続くんだ。

お見合い2回


お見合いは、2回でした。
すでにお見合いの報告をして、この数日で何度か名前が出ている、インタビュアーさんと、野田さんです。

交際中の人0


お見合いの結果、「この人好きだ」と思った野田さんには断られ、悩みつつも交際に進んだインタビュアーさんは大嫌いになって交際終了となりました。

そして誰もいなくなった


というわけで今、手元には何も残っておりません。まさにから騒ぎ。

a0790_001035.jpg

申し込みを断られるということ


でもこの期間は、先日も書きましたが、お見合い相手に好きとか嫌いとかいう感情をもてたことが画期的で、とても大きな収穫でした。

もう一つ収穫だったのは、「申し込みをして断られる」ことについて、意識を新たにできたことです。

実はお見合いのとき、インタビュアーさんが、こんなことを言っていたんです。
「女性のプロフィールを見て、相手に求めることに『お人柄重視』と書いてあるのに、申し込んだら会いもせず断られたりすると腹が立つ、何が人柄重視だ」って(ああなぜこの人と交際まで進もうと思ったの私)。

そのときインタビュアーさんがあまりにいじけた様子だったので、私は思わず弁明となぐさめをかねて、こんなふうに言いました。
「それは、ご自分(の条件など)が悪くて断られたと思わなくていいと思いますよ。
私もこれまで、お申込みいただいても、仕事やなんやで忙しくてお見合いの時間が取れなくって、お断りしたことが何度もあります。婚活疲れで気持ちが落ち込んで、どなたであれ、お受けきない時期もありました。

ですから、お申し込みを断られても、誰が悪いというわけでもなく、単にタイミングが合わなかっただけだと考えていいのではないでしょうか。そこはもう、あえて能天気に」

その時は、少々誇張して言ったのです(そんなに何度も断ってない)。
でも、この会話をした日から間を置かず、夏に一度は断られたそのお相手から、お申し込みが来ました。

a0960_003785.jpg

驚くのと同時にとてもうれしく思い、今は本当に案外と、思っている以上に、タイミングが合わなくて断られていることもの多いのかもしれないと思っています。能天気すぎるかもしれませんが。

だからこれからも、申し込んで断られたら、「あー、きっとお忙しかったんだ」。もし20人に申し込んで全員に断られても、「あー、みなさんお忙しかったんだ」でいこうと思います。いいんです、能天気で。

以上、今年最後の活動報告でしたー。
申年ももうじき終わり。お猿さんたち、今年はおつかれさまでしたね。

a0790_001060.jpg
「うん、風呂あがったらもう休むわー」