1月28日のお見合い

昨日はお見合いでした。
お相手は、50代半ばの会社員Aさんです。

ちょっと早く着いたので、紹介のために来てくれていたおしどり結婚相談所のYさんと、少し話をする時間がありました。するとYさん、Aさんについてこんなことを。

お相手の収入面の考え方についてYさんからアドバイス


「Aさんは、収入面ではちょっと物足りないかもしれないですね。でも案外そういう方のほうが、堅実で貯金が多いこともよくあるんですよ。特にこの方は持ち家もありますし、結婚したら安心して暮らせるんじゃないかな。

年収が高いと、その分生活が大きくなっていて、生活費がかかって貯金が少ない、という人もいます。
お相手のお金の面に関しては、表に見えていることだけではわからないことが本当にたくさんあって、プロフィールの数字だけでは判断できませんよ」。

なあるほどと思いました。確かにAさんの収入面、やや物足りないかんじではあるのです。そしてその数字だけでは、結婚後の生活は判断できない。貴重なアドバイスをもらえたと思いました。

そしてYさんと、「なかなかお相手と、貯金の話までできないですしねえ、聞かれてもやだし…」なんていう話ををしているうちに、その方がこられました。

ちょっとシャイな雰囲気の方でしたが、最初の紹介のとき、しっかりこちらを見てあいさつしてくれました。
私の一つ目のこだわり、目を見て挨拶してくれるかどうかは、クリアです。

またもう一つのこだわり、カフェで奥の席を譲ってくれるかどうかですが、今回は横並びの席だったので、カリカリせずに済みました。ははは。

犬の話中心のお見合いでした


お見合いが始まると、Aさんからはやはり穏やかでおとなしい人、といった印象を強く受けました。
バツイチで、子どもさんお一人。そして犬が一匹。
お子さんは前の奥さんのもとに。
犬は離婚後に飼い始めて、現在は一人と一匹で暮らしているのだそうです。

プロフィールにも犬のことが書いてあったので、犬の話中心のお見合いになるかなと想像していたのですが、やはりそうなりました。

ちなみに仕事の話は、お互いよくわからない世界で、「へえ、すごいですね」で終わり。
ほかの趣味として映画やドラマがお好きだそうで、そのお話を少し聞くことができましたが、それほど長くは続かず。

そんなわけで、残りの時間は全部、犬の話をしていました。ただそれぞれの犬の飼い方が違って、あまり共感できることがなく、この話題でもやはり盛り上がるには至りませんでした。

それでもAさんが、私とは考え方や向き合い方が違うけれど、Aさんの思う方法でわんちゃんを大切に世話をなさっていることや、かわいがっていらっしゃるのは伝わってきました。もちろん私の考えを押し付ける気もなかったので、あまり深く踏み込まないよう注意した結果、「へえー、そうですか、かわいいでしょうね」「良い子ですね」「おりこうですね」といった表面的な言葉に終始することになりました。

そして犬の話も尽きたとき、お開きとなりました。
一時間に満たない、50分ほどだったでしょうか。

ぜんぜん盛り上がりませんでしたが、そのぶん会話が長く途切れないよう双方が気遣い、がんばったお見合いとなりました。

私からは交際希望としました


一晩考えましたが、私からは交際希望としました。

目を見て挨拶してくださったこと。犬好きという点で合うこと。
あと一つ、これは私ならでは、この方ならではの基準なのですが、Aさんが犬のトイレトレーニングを自分でされたこと。
犬のトイレの訓練は、かなり根気がいることです。それができる方ということは、相手の成長を見守ることのできるやさしさと忍耐強さをもった方なのではないか、と思ったからです。

「三つ条件に合ったらOKとしてみては」というおしどりYさんのアドバイスに従って、交際希望としました。
向こうからお返事が返ってきたら、またお伝えします。