大木ゆきのさん「宇宙にお任せて手帳」Step2に入り約一か月が過ぎようとしています

大木ゆきのさんの『宇宙にお任せ手帳2017』、使い続けております。
この手帳は、Step1から4に分かれているのですが、1月から3月でStep1を終了し、現在は、Step2に入っています。
Step1~4は以下のとおり。

Step1「とことん自分を愛する」
Step2「宇宙と通じ合えるようになる」←今ココ!
Step3「魂の本当の望みを知る」
Step4「人生を再創造する」

そして目下進行中の、Step2「宇宙と通じ合えるようになる」のカリキュラムは、こんなかんじです。

4月のテーマ「日常の中で思考から自由になってみる」
4月のアファメーション「私はとても満たされている」
1週目のワーク:空を眺める
2週目のワーク:木や緑を眺める
3週目のワーク:お茶を味わいながら飲む
4週目のワーク:お風呂にゆっくり浸かる←今ココ!

5月のテーマ「思考から自由になる瞑想をする」
5月のアファメーション「私は宇宙とひとつです」
1週目のワーク:ハート瞑想
2週目のワーク:耳を澄ます瞑想
3週目のワーク:思考を観察する瞑想
4週目のワーク:ブログの光を受け取りながら瞑想する

6月のテーマ「宇宙とつながる」
6月のアファメーション「私は宇宙とつながっている」
1週目のワーク:朝、宇宙に挨拶をする
2週目のワーク:夜、宇宙に挨拶をする
3週目のワーク:宇宙に気軽に話しかけてみる
4週目のワーク:宇宙に質問してみる
5週目のワーク:宇宙にあなたの意思を伝えてみる

おおお、宇宙とつながる時期は、もう目の前に迫っている!!

実は私、ちょっと密かに期待していることがあります。
私は、ゆきのさんのいう「光」が、まったくわからないんです。ブログでゆきのさんはよく「光を送ります」「バナーを押したら光が流れる」などと書いておられます。でも私は、目をつぶろうが姿勢を正そうがバナーを押そうが、とにかくまったく光が流れているという実感、体感ありません。

宇宙とつながれるようになったら、わかるようになるのかしら。
それとも、それとは全く別の話なのかしら…。

それすらわからんのです。へへへ。
なんであれちょっと、楽しみにしています。

Step2をここまで取り組んだ感想


まだなにもピンときません。
4月のアファメーションや、ワークをしていて、「おおそうか!」とか、「ああ、気持ちいいなあ」とか、ないですね。それもあって、ちょっぴりさぼりがちでした。

でもこの記事を、手帳を確認しながら書いて、あらためて理解しました。
そうか。思考から自由になる瞬間をもつこと、そしてその瞬間を意識するというのが、大事なんですね。私、あんまりそこを理解してなかったかも。

4月のワークをやる期間は、今日を含めて4日あるので、これから丁寧にやってみます。

Step2がピンとこない一方で、Step1のテーマだった「自己受容」が、4月に入ってからもさらに進んできているのを実感しています。
母が嫌いであることを自分を許した、と先日書きましたが、その結果いろいろと内面に変化が起こり、母に対する気持ちや態度が変わりつつあります。

また朝晩のアファメーションでも、欠かさず「私はありのままで完全です」などの自己受容の言葉を、唱えています。これはもう、私にとって欠かせないものになっていて、忘れないよう、ぶれないよう、一生続けていこうと思っています。

つまり今は、そんな自己受容という引き続き私にとっての最重要テーマに、新たなテーマ「宇宙と通じ合えるようになる」が加わってきている、というかんじです。

約4カ月、宇宙にお任せ手帳を使ってみた感想


この手帳を約4カ月使ってみた感想は、毎日の暮らしの中で、ゆきのさんの推奨するワークに取り組むやり方が、私にはすごく合っているということです。

私は大木ゆきのさんのブログ好きで、よく見ています。するとゆきのさんは、どんどんパワーアップして、次々新しい提案をされている。さらに、それにしっかりついていっている人たちもたくさんいる。すごいなあと思うのと同時に、よくそのパワーに圧倒されて、「だめだー、私にはとてもついていけない」とも思うんです。

だけど、この手帳に沿ってワークを進めると、自分の暮らしの中に、無理なくゆきのさんの教えを取り込んで行けます。ブログのゆきのさんには、私は必死でついていかなければならない(そして振り落とされる…)かんじですが、手帳でのワークは私が主体で、自分のペースで歩んでいけます。その結果、今の自分の生活や人間関係の中ではっとするような気づきを得られたり、内観を深められたりする。そこが、すごく良いなと思っています。

誰もが今から始められるようになるとさらに良いなと思います


私にとって、買ってよかったすばらしい手帳だけれど、ただ今の時点で、友達にこの手帳の購入をおすすめできるかというと、それはためらってしまいます。

なぜならもう、今年に入って4カ月が過ぎてしまっているから。いきなり4月のワークをするより、やっぱり、ステップ1の自己受容から、順を追ってやっていってこそ成果が出るのではないかと思うんですね。
4か月遅れで、最初から追っかけるかたちで初めても良いと思うのですが、やりにくくないかなあ。うーんどうだろうな。

よく3年日記など、何年にもわたる日記で、自分で日付けを書き込んで始めるの、ありますよね。
あんなふうに、この手帳も、誰でもいつでもスタートできるかたちになれば、より便利かもしれないなと思っています。