『宇宙にお任せ手帳2017』ついに最終日です

大木ゆきのさん著『宇宙にお任せするだけで勝手にうまくいく手帳2017』、この一年間、使い続けてきました。
そして大晦日の今日、最終日を迎えます。

ついに、ついに最後の、「ワークの総仕上げ」ページまでやってきました。
IMG_7704.jpg

右の空白ページに、「私は宇宙の最高傑作です」と書き入れて、ワークは終了だそう。
ダルマに目を入れる、みたいなかんじでしょうか。
では書き込みます。

IMG_7706.jpg

書き込みました。
魂込めました。
傑作の傑という字が若干怪しいけれど、大丈夫か。

あー。
終わっちゃった。
寂しい。
早くも、「宇宙にお任せ手帳ロス」です。

ありがとう宇宙にお任せ手帳2017


この手帳は、私にとって本当にかけがえのないものになりました。
特に前半、1~3月の自己受容と、4~6月の宇宙に繋がるワークのところ、毎日のように気づきがありました。
自分の心に深くもぐり、長年ほったらかしにされていた傷を見つけ、そのときのまま立ち尽くしている幼い自分をみつけて、抱きしめて……。何度、涙を流したことでしょう。「癒し」という言葉は、日常生活の中で気軽に使うけれど、真実の意味は、真実の癒しとはこういうことなんだと初めて知りました。

また今年は、花子の体調のことで大変なことも多くありました。それでもうつむかず、顔を上げて乗り切れたのは、この手帳のおかげにほかなりません。この手帳のワークに取り組み、気付きを書きこむことで、常に宇宙が私と共にあると実感できたからです。

大木ゆきのさん、宇宙にお任せ手帳、そして宇宙、この一年どうもありがとうございました。
心より感謝いたします。

ああー、寂しい。終わってしまって寂しい。
『ひよっこが』終わった時も、『奥様は取扱い注意』が終わった時も、『ドクターX』が終わった時もさみしかったけれど、それよりさらに寂しいです。

そして来年の手帳問題が残された


そして私、来年の手帳が、まだ決まっていません。

宇宙にお任せ手帳の2018年版は発売されないということで、別の一冊を探す必要に迫られています。
そのため、先月から書店に出向いては、さまざまな手帳を実際に手に取って見ています。でも、うーん、どれもどうもピンとこず、です。

スピリチュアルや自己啓発系の手帳は、最初に目標を書き込むものが多い、というかそれがほとんどです。でも、「宇宙にお任せ」のワークを重ねてきたあとでは、それがどうも息苦しいように感じて、気が進まないのです。

ただ、目標を書き込むものしか見つからないなら、それが来年の私には必要なものなのかもしれないなとも思っています。宇宙は常に、私の見方ですから……。

ともあれ、手帳問題はまた後日考えるとして、今日はがんばった私をいっぱい褒めたおして、この一年を、この手帳のワークを、終わろうと思います。

私、本当にえらいよ。愛してるよ。
一年間よくがんばったね。
今年は花子のことで、大変なことも多かったのに、笑顔でがんばってえらかったよ。
食事作りに散歩、動物病院への通院、本当によくやりました。花丸35億個です。
それにそういった大変なことまで、楽しくて幸せなことにできたんだよね。
そんな今年の私は、本当に素晴らしかった。
愛してるよ。大好きだよ。

お父さんお母さんの世話、家の用事もよくやった。
友達や仲間も、大切にできて立派だったよ。
仕事もがんばったね。新しい妙な取引先の仕事だって、責任を持ってきちんとやり遂げた。
天才やね私。

婚活もよくやったよ。
車の運転もよくやった。怖い怖いといいつつ事故一つ起こさなかった。運転の天才だね。
ブログも楽しみながら、よく続けたね。
えらい。えらいよ私。

あー、気持ちいい。
今年の前半は、こうやって自分を褒めると、「こんなに自分に甘くていいのか」という戸惑いもありましたが、今はまったくありません。まったく。ただ気持ちいいだけです。ふっふ。

本当に、私は今年も一年、よくがんばりました。
みなさまもきっと、同じかと思います。
褒めて褒めて気分良く、今年を終えましょう。

そしてみなさま、この一年、どうもありがとうございました。
どうぞどうぞ、よいお年をお迎えください。