天の采配

今日、天の采配を感じたこと。

今朝、花子の朝の散歩が、異様に長かった。
普段は30分くらいしか歩かないのに、どこまでも歩いていくんです。
なんと、2時間半も歩きました。

今日の午前中はでかける用事もなかったし、仕事も落ち着いているので、私もゆったりした気持ちで付き合っていました。

a0960_008488.jpg

すると散歩が終わりかけのとき、ずっと会いたくて会えなかったハリー君というわんちゃんと、飼い主さんにばったり。約3カ月ぶりに会えました。

どうして会いたかったかというと、ハリー君に脂肪腫ができて西洋獣医学では治療法がないとのことで、私が知っている東洋医学の獣医さんの情報を伝えたかったからです。

前回会ったときに、脂肪腫の話を聞いたのですが、その時は準備しておらず情報を伝えきることができなかった。

それ以来、資料などをプリントアウトしてもち歩いていたのだけれど、全然会えないし、おうちもわからなくて、伝えるすべがありませんでした。

それが今朝、2時間半の散歩の末に、ようやく会えた。

そして押し付けにならないよう気を付けながら、飼い主さんに出来る限りの情報を伝えました。
飼い主さんはとても熱心に聞いてくれて、連絡をとってみるとのことでした。

笑顔で別れたあとで、不思議な気持ちになりました。
普段なら、そんな時間にその場所を、私が歩いていることはありません。
二時間半、花子にひっぱられてお散歩していなければ、決して会えなかった。

宇宙と花子がタイミングを計って、その時間その場所で会わせてくれたんだ、と思いました。

さらに宇宙がそんなふうに導いてくれたんだから、ハリー君の治療、きっとうまくいく。
だってハリー君を健康で長生きさせるのために、今日あの場所に私を行かせたに違いないんだから、とも思いました。

それからさらに、気づきがもう一つ。与えると受け取るは、結局は同じことなんだということ。
今日私は、私にできる限りを与えたけれど、受け取ってもいたような気がするからです。

宇宙、本当にどうもありがとうございます。
今日は久々、深く深く、心を込めて何度もそんなふうに言いました。