友人たちとの婚活トーク①その人とほおずりできますか

久しぶりに、婚活にまつわる話です。 ここのところ立て続けに、親しい友人と結婚や婚活の話をする機会がありました。 そのときにいろいろ思うことがあったので、会話の中で印象に残ったことを、忘れないうちに書いておきます。 友人Aの知人Kさんの話 友人Aは、趣味で知り合った仲間の一人です。アラフィフの独身女性、職業は金融系のコンサルタントでめちゃくちゃ聡明な人。 彼女と婚活の話になったとき、…

続きを読む

小さな車と小さな犬

昨日、3年間乗った軽自動車を手放しました。 車を所有していることは、私にとって精神的にも経済的にもかなり負担だったので、手放すのは合理的で正しい判断でした。手放すと決めたのは、2、3か月前で、それ以降は、何となくほっとした気分で毎日を過ごしてたのです。 しかし昨日、実際にもうこれでお別れとなると、悲しさや寂しさがこみあげてきて、なんと号泣。自分でもびっくりです。 その車は、花子を獣…

続きを読む

突然、しいたけ占いに泣く

ここ数日、ちょっともやもやしていました。 趣味の取り組みで先日、作品を発表する機会がありました。私なりに出せる力を100%出したけど、出来は70点というところ。これが今の私の精一杯なんだから仕方がない、と思いつつ、なんとなく気分は落ち込んでいました。 その上、素敵な作品を仕上げた仲間に、嫉妬というか劣等感というか、複雑な気持ちを覚えました。心からすっきりと「すごいね、よかったね」と言えな…

続きを読む

ものすごく遅れてきた青春

先日、ハリー君の往診の調整を、がんばったことを書きました。 今日はもう一つ、「がんばったな私。よかったな私」と思うことがあったので、そのことを書きます。 こちらも前にちらりと書きましたが、趣味のサークルをフェイドアウトしそうになっていた友人を、小まめに連絡を入れるなどして引きもどしたことがありました。 これは、私の中では「自分、すごいやん!」と思う、ちょっとした事件でした。 …

続きを読む

「幸せだなー」の次の一歩

少し前の記事で、脂肪腫のわんこハリー君のことを書きました。 そのハリー君と私の愛犬の花子を、一緒に漢方の先生の往診を受けさせようという計画、名付けて、「漢方の先生に往診に来てもらおうプロジェクト」が今週、無事に終了しました。 ハリー君の飼い主さんは、「とても良い先生だった。診てもらって、希望がわいてきた」と、とても喜んでくれました。ハリー君は現在、食事と運動療法で、鋭意ダイエット中です。…

続きを読む